PtoCという屋号

何だか1つの意味のある単語だったら聞いた人はイメージし易いんでしょうが。

PtoCの屋号について話したいと思います。

屋号を申請する?しない?

個人事業主って税務署に開業届を出すケースが多い?と思いますが、申請書に屋号を書く欄があるんです。

書いても書かなくてもいいんですが、個人だけでずっとやっていくつもりはなかったので、組織めいたものができた時のことを想像して屋号を記入することにしました。

社会に出てから35年近く様々な会社で仕事をしてきてそれなりに感じることも有ったので、自分が事業を興すにあたって大切に思うことをとにかく書き出しました。

で、それぞれを意味する英単語にしたらPとCが頭文字になるものが多かったのです。

そう、PとC、P to C。

その当時すでに赴任したことのあるインドを枠組みの中に考えていたので、「和」の言葉ではなくアルファベットが前提でした。

ちなみにどんなPとCなのかは、私と名刺交換すればわかります。