動機善なりや、私心なかりしか

私が、初めてこの言葉と出会ったのは30代の頃だったと思います。

確か何かの本に、JAL再建に尽力された稲盛会長が第二電電を設立する際に自問自答した言葉だと書いてありました。

私には、まだこれが座右の銘ですと言えるものがありませんが、この言葉が一番近いかもしれません。

まだまだ未熟ですから、いつも私心に引っ張られてしまいます。

でも最近は、あーっ、私心で考えているなぁと気づくようになってきた方なので、以前よりは良くなっているのかもしれません。

サラリーマンを辞めて、50代後半で事業を興すことに対して、動機が善なのかどうか自問する時間がかなりありました。

残りの人生をかけ、他の人を巻き込むことになるのですから、何をやりたいのか、何故やりたいのか、そしてどうなりたいのかなど色々と書き出して何度も読み返したりしていました。

今でも時々、見直しています。

何か判断をする時は、この言葉を思い出すようにして自分を戒めています。