Fusion360の押し出しコマンド

3D CADとしてFusion360も使っています。

コマンドの1つに押し出しがありますが、実は設定が色々できるコマンドです。

モデル作成には、よく使うコマンドですが意外に設定を使いこなせていません。

一番初めに覚えるパターン

一方向に真っ直ぐ押し出す。これは基本の”キ”。

Fusion360_押し出し

角度をもたせて押し出すこともできるんです

Fusion360_押し出し
Fusion360_押し出し

上図のように、勾配を持たせながら押し出すこともできるんです。

外側に広がるように押し出すのは”+”の角度で、内側にすぼむ様に押し出すのは”ー”の角度で設定します。

プロファイル平面の両側にも押し出し

方向を”2つの側面”の設定にすれば、プロファイル平面の両側にもそれぞれ設定を変えて押し出すこともできます。

Fusion360_押し出し

もちろん、押し出す距離やテーパー角度も設定できます。

プロファイル平面の両側に対称で押し出しも

対称形状となるので、距離やテーパー角度の設定は共通となります。

Fusion360_押し出し

対称方向に”ー”のテーパー角度を持って押し出すと下図のようになります。

Fusion360_押し出し

プロファイル平面を変えればこんなことも。

既にあるボディ側面をえぐるようなこともできます。

押し出しの中の”切り取り”操作を選びます。

Fusion36-_切り取り

おまけ

正方形のスケッチから押し出しコマンドだけで、こんな形もできます。

Fusion360_押し出し

押し出しコマンドの設定を駆使しなくても、モデリングできる形状もありますが、基本の応用編を知っておくことはシンプルなモデル作成には重要です。